1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 入試情報

産官学連携?地域連携

しあわせ健康センター

 

中国棋牌网

中国棋牌网感染拡大防止のため長らく対面相談業務を休止しておりましたが、3月16日付けの広島国際大学行動指針(レベル)の引き下げに基づき、「学外者の滞在時間を最小とすること」、「受入人数を制限すること」等を遵守することで、感染拡大防止に留意して対面相談業務を再開させていただきます。当センターの相談体系である完全予約制について変更はありませんので、ご利用の方は、下記連絡先「中国棋牌网(呉キャンパスを含む)」までお電話ください。なお、この度は行動指針のレベルを引き下げますが、気を緩めることなく、引き続き感染予防?感染拡大防止に取り組んでまいりますのでご協力をお願いいたします。加えて、新型コロナ感染状況は日々変化しております。本学の行動指針に変更があった場合、状況に合わせご利用いただく方にはお知らせいたしますので、定期的にホームページにてご確認をお願いします。

2021年4月1日
しあわせ健康センター事務局


 


中国棋牌网感染拡大防止のため対面による相談業務を当面休止しておりましたが、一部地域を除き、全国的には活動レベルが段階的に緩和されつつあります。とは言え予断を許さない状況に変わりはありません。
一方で、コロナ禍における心身の健康をどう維持していくかが喫緊の課題となります。ついては、コロナ禍における当センターの業務体系を見直し、対面相談に替わる電話相談を当面の間、開始いたします。
なお、当センターの相談体系である完全予約制について変更はありませんので、ご利用の方は、下記連絡先中国棋牌网(呉キャンパスを含む)までお電話ください。

2020年6月15日
しあわせ健康センター事務局

 

ニューストピックス

●2020年2月4日
 広島国際大学「新校舎 Active Wellness Center」に潜入(しあわせ健康センター)
 紹介動画アップロード
 広島国際大学「新校舎 Active Wellness Center」に潜入(しあわせ健康センター) - YouTube
●2020年10月21日
 YouTube しあわせ健康センター紹介動画アップロード
 しあわせ健康センター紹介 - YouTube
●2020年10月27日
 東広島市との相互連携による「東広島市フレイル対策プロジェクト」合同記者会見発表

しあわせ健康センターの業務は、下表<相談業務?健康教室?調査研究>を参照してください。

 

新しい活動

出張体力測定
 対象者:依頼者の希望による
 内 容:健康に関するアンケート調査、血圧?骨密度測定、体組成?握力計測、運動機能検査、これらの結果のフィードバックとフレイル予防対策を行います。

東広島市フレイルサポーターの養成に協力?連携
 対象者:通いの場等のリーダーをはじめ、受講を希望する市民
 内 容:フレイルの兆候や症状、その対処法などの基礎的な知識を習得するとともに、日常生活において、自身はもとより、他人のフレイルについても気づけ、支援につなげる人材を養成します。

東広島市フレイルアドバイザーの育成に協力?連携
 対象者:フレイルサポーターや介護福祉施設、市の関係者等、主には一定の知識を有する希望者
 内 容:フレイルの全体像を理解し、予防や改善の方法を実践的に学び、地域や職場等で活動する中で、フレイル予防に関するアドバイスや適切な指導ができる人材を育成します。

東広島市フレイル予防の拠点を整備に協力?連携
 内 容:大学の専門的かつ高度な知見から、個人に見合った改善プログラム等を作成し、適切な保健指導の下にフレイル改善を促します。共に介護予防を推進し「健康寿命の延伸」を図ります。

東広島市健康分野における「DX」に向けた調査?研究に協力?連携
 内 容:通いの場や元気すこやか健診等で実施しているフレイルチェック等のデータを蓄積し、本プロジェクトの事業効果等を 検証する。また、市民一人ひとりが日常において、AI(人工知能)やIT(情報技術)を通じて、自身の健康状態を把握し、改善 に向け実践に移せるDX(デジタルトランスフォーメーション:デジタル技術による業務やビジネスの変革)の仕組みづくりを研究します。

 

 

しあわせ健康センターとは

地域の健康を守る広島国際大学として、地域住民の健康寿命を延伸するため、『しあわせ健康センター』を開設します。
しあわせ健康センターは、地域の健康状態を正確に把握し、その状態に合わせた健康活動を実施します。
健康活動とは、介護予防を目的とした地域住民に対する健康相談、健康教室、健康指導などです。効果評価のため調査を実施することもあります。
健康相談等の業務については以下の内容を実施します。ただし、医療機関や介護認定において既に指導が行われている相談内容については対象外とします。



<相談業務?健康教室?調査研究>

健康相談等の業務内容
保健医療学部 一般的健康相談や健診結果に対するアドバイス
総合リハビリテーション学部

?運動機能の計測とその支援プログラムの作成、介護予防プログラムの作成
?高齢者のオーラルフレイル、口腔機能低下の予防、難聴対策
?ちょっと気になるども発達支援プログラムの提供
?女性の産前産後の支援プログラムの作成
?認知症予防相談の展開

健康科学部

?睡眠健康教室~脳と心の癒し塾、快眠アドバイス、健康調査
?栄養食事相談
?子育て支援や介護支援に関する相談など
?国民健康レセプトおよび後期高齢者レセプトを用いた住民の健康調査

健康スポーツ学部 健康運動相談
薬学部 おくすり相談
看護部 禁煙啓発活動

事業展開においては、業務内容の見直しを適宜行います。



健康相談業務等担当教員

保健医療学部

        

 清水 壽一郎(医師)          楠本 智章(医師)

総合リハビリテーション学部

 

 センター長?医学アドバイザー
 山岡 薫(医師)


        

 木藤 伸宏(理学療法士)    徳森 公彦(理学療法士)

 

        

 山﨑 貴博(理学療法士)    平元 奈津子(理学療法士)

 

        

 小澤 恭子(作業療法士)    大井 博司(作業療法士)

 

        

 國末 和也(言語聴覚士)    福岡 達之(言語聴覚士)

 

 

 沖田 啓子(言語聴覚士)

健康科学部

        

 田中 秀樹           久次 弘子    

 

                   

 尾形 聡(医師)               旭 久美子(管理栄養士)

           

 木村 要子(管理栄養士)    木村 留美(管理栄養士)

    

        

 笹川 紀夫           服部 建大

 

        

 保育福祉

 岡本 晴美(保育士、社会福祉士、精神保健福祉士)

 

        

 介護福祉

 池田 明子(介護福祉士)

 

  

 医療福祉

 長谷部 隆一(社会福祉士、精神保健福祉士)

 

        

 川﨑 竜太(社会福祉士、精神保健福祉士)

  

        

 田川  雄一(社会福祉士) 

健康スポーツ学部

                 

 服部 宏治(健康運動指導士) 足立 達也(NSCA-CSCS)

 

         

 佐伯 若夏(健康運動指導士)

薬学部

        

 三宅 勝志(薬剤師)

しあわせ健康センターの相談は、完全予約制です。

ご利用の方は、下記連絡先までお電話ください。

薬学部、健康科学部医療栄養学科が提供する相談業務については、呉キャンパスで実施する場合があります。
予約時にご確認ください。

 

 

<連絡先?受付時間>

広島国際大学 中国棋牌网 研究支援?社会連携センター
TEL.0823-69-6034 FAX.0823-70-4931

受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~17:00
 



しあわせ健康センターの拠点 Active Wellness Center


1階 しあわせ健康センター(地域向け健康相談施設)


1階 しあわせ健康センター(地域向け健康相談施設)


こども発達支援室(1階 しあわせ健康センター内)

 

<連絡先?受付時間>

広島国際大学 呉キャンパス 研究支援?社会連携センター
TEL.0823-73-8830 FAX.0823-73-8992

受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~17:00

 




呉キャンパス3号館


呉キャンパス 3号館3階 スポーツラボ




しあわせ健康センター規約



(名称)

第1条 この運営組織は、しあわせ健康センター(以下「センター」という。)という。

(事務局)

第2条 センター事務局は、広島国際大学 中国棋牌网 研究支援?社会連携センター
(広島県東広島市黒瀬学園台555-36)内に置く。

(目的)

第3条 地域の健康を守る広島国際大学として、地域住民の健康寿命を延伸するための機能を学内に設置する。センターは健康寿命延伸のために地域の健康状態を正確に把握し、その状態に合わせた健康活動を実施する。健康活動とは、介護予防を目的とした地域住民に対する健康相談、健康教室、健康指導などを言う。

(事業)

第4条 センターは、前条の目的を達成するため、健康寿命の延伸に関わる必要な事業を展開する。各学部において、相談業務および調査研究などを実施する。なお、医療機関や介護認定において既に指導が行われている相談内容については対象外とする。
(構成員)

第5条 センター構成員(以下「センター員」という。)の資格を有する者は、次に掲げるとおりとする。

(1) センター長

(2) 副センター長

(3) 相談員

(4) 事務職員

(5) その他、センター長が構成員とすることを適当と認める者

(経費)

第6条 センターの経費は、次の各号に掲げるものをもって充てる。

(1) 研究支援?社会連携センター

(2) 補助金

(3) その他

(会計年度)

第7条 センターの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。


●しあわせ健康センター規約PDF

 




              しあわせ健康センター利用に関する説明書及び同意書

                                        しあわせ健康センター
                                         センター長 山岡 薫

 

しあわせ健康センター(以下「センター」といいます)では、大学内の施設において、本学の専門分野の教員が、
利用を希望する皆様(以下「利用者様」)に相談?支援を行います。また、地域の温かいご支援を受けて学生が
身近に相談?支援場面に接する場ともさせていただきます。このことにつきまして利用者様のご理解とご協力を
いただきたいと思います。

1.相談?支援について
 センターでは、医学?医療および福祉の分野における資格のある教員あるいは同等の経歴を有する学外の
 専門家及び研修生が、利用者様の相談?支援を行います。支援を行う上で、必要な検査を行うことがあります。
 危険性は極めて低いものばかりですが、ご希望により医師免許を有する医学アドバイザーに相談することも
 できます。検査の結果等については、その後の相談?支援において活用させていただきます。

2.学生の見学?実習について
 大学内の施設という立場から学生指導のため、本学大学院及び学部の学生が、利用者様の相談?支援場面の
 見学?実習をさせていただく場合があります。事前に利用者様の許可を得た上で、見学?実習をさせていただきます。

3.個人情報保護について

 センターでは、通常、利用者様の個人情報の収集は適切な支援を行う上で必要な範囲に限って行います。すべての
 教職員?学生、その他センター関係者が個人情報保護に関する法律?規則及び関連指針を遵守し、利用者様の個人
 情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防止し、安全で正確な管理に努めます。万が一、利用者様の支援以外の
 目的で個人情報を利用する場合は、その目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得た上で実施いたします。

4.個人情報の教育?研究への利用について

 センターでは、医学?医療?健康科学向上の目的のために、収集した利用者様の相談?支援内容を含む個人情報を
 研究?教育?研修に用いることがありますが、匿名化を行い、個人が特定できないよう措置を講じた上で取り扱います。

5.第三者への個人情報の提供について

 利用者様の健康、生命及び尊厳を守るために、個人情報を第三者に知らせることが求められる場合には、その
 必要性を慎重に検討し、利用者様または利用者様から委任されたご家族の同意を得た場合以外は、提供しません。

6.個人情報の開示について

 センターでは、利用者様または利用者様から委任されたご家族から請求があった場合、適正に利用者様ご本人の
 個人情報を開示します。

 

上記の事項について理解し同意します。

 

     年    月    日

 

氏 名               代諾者または保護者氏名(未成年の場合)            


●しあわせ健康センター利用に関する説明書及び同意書PDF

最終更新日:2021年3月31日